HOME  > コンテンツ  > CMSでのホームページ制作実務  > CMS集客サイト運営 Webマスターインタビュー

CMS集客サイト運営 Webマスターインタビュー


ヤシマ国際人事労務事務所 所長八島則子先生

八島先生が運営されているコーポレートサイト(ヤシマ国際人事労務事務所-Yashima International HR Consulting)は外国人の雇用・労務管理を中心とした日本語、英語対応のホームページでアドレスはhttp://www.sr-yashima.com/

聞き手:当社代表清水

清水: 八島先生はXOOPSで構築されたCMSシステムでWebサイトを運用しておりますが、現在の状況をお教え下さい。

八島先生: 当事務所は国際人事労務事務所ですので外国人労働者の雇用に関連する労務管理などのお手伝いを中心に社会保険労務士業務をさせていただいております。現在ホームページの主な機能としましては、ページ更新、会員登録と管理、What'sNew、RSS配信、メールフォームの作成、ログ解析、一斉メール配信、サイト内検索、まぐまぐのメルマガブログのRSS表示というところです。

清水: 集客はうまくいってますか。

八島先生: 清水さんに言われて思い切って情報を絞ったのがよかったのと、初期にやってもらった検索エンジンの上位表示がうまくいっているせいで問い合わせが来るようになりました。

清水: 検索エンジンは更新頻度も見ていますが、先生は結構使えてますよね。

八島先生: はい。やる前は私では無理かと思いましたが問題なくやっています。

清水: 先日プチリニューアルで英文対応にしたときも、当社は英文ページに英文メニューが出るようにしたのと、ヘッダのデザイン変更ぐらいであとは先生がご自分でやってましたもんね。

八島先生: やりました。

清水: CMSがよいと感じるところはどういうとことですか。

八島先生: 私は仕事柄文章を書くのは億劫ではないので、文章を作る時間をたくさんとっていきたいのですが、XOOPSだと登録が簡単なので、ホームページの知識が全くない私でもその部分で苦労することがありませんので、今は原稿作り9:コンテンツの登録1と言ってもいいぐらいです。これは私にとっては本当に好都合です。

清水: 人数の多くない会社や事務所では先生のように所長や社長が情報づくりとウェブマスターを兼ねるケース、そうではなくても主要な社員が情報づくりとウェブマスターを兼ねるケースが多いと思うのですが、ホームページ運営の目的は少しでも有効な情報の提供とそれに伴う集客ですので、皆さんの貴重なお時間をそちらに力を注いでほしいですね。

八島先生: 特に私達の業界はあまり間違ったことを書けませんので今後、所員が増えたとしても極力私が文章を書き、自分に溜まったマグマのようなノウハウを吐き出していきたいと考えております(笑い)。

清水: そうですか。実は私はここまで先生が出来るとも思っていませんでしたが(笑い)。
ホームページから仕事が取れるようになると人間変わるものですね(笑い)。
インタビューのお礼と言っては何ですが、先生のホームページに当社でカスタマイズしたセミナー募集のモジュールと追加しておきますよ。今度はセミナーとホームページの連動でがんばってみて下さい。本日はありがとうございました。

  • 弁護士向けコンサルティング専門会社
  • キャンペーン情報
  • 士業HPプラン品質向上
  • 驚きのコストパフォーマンス!

士業事務所のホームページ・マーケティング無料相談受付

全国対応フリーダイヤル(携帯からもどうぞ):0120-122-177(平日10:00〜20:00)

メールでのご相談・ご依頼はこちらから(24時間受付)

只今、通常相談時間30分を60分に拡大してお受けしております。是非ご活用ください。

地方の士業事務所向け無料相談

当社は地方事務所様の案件を多数サポートさせていただいております。

  • 時間を決めてこちらからお電話させていただきます。
  • 大阪・名古屋エリアの場合定期的に出張がございますので、日時を決めてお伺いする事も可能です。

メールでのご相談・ご依頼はこちらから(24時間受付)

面談は守秘義務を厳守し、当社会議室(個室)で行いますのでご安心ください。

士業のホームページ、ロゴマーク・名刺などマーケティングツールを驚きのコストパフォーマンスで提供するポーカー・フェイス

前
ホームページに掲載する地図(アクセスページ)に求められること
カテゴリートップ
CMSでのホームページ制作実務
次
CMSでホームページを立ち上げ管理を分担し、一部をWeb制作会社にアウトソーシング(業務委託)するメリット