HOME  > コンテンツ  > ホームページ制作支援  > コーポレートサイト構築時のブランドプロミス策定と関連ツールへの落とし込み

コーポレートサイト構築時のブランドプロミス策定と関連ツールへの落とし込み

コーポレートサイトは異なったステークホルダーに価値提供と情報の提供をしていく役割を担っています。コーポレートサイトの構築において、企業理念とビジョン(ない場合)・ブランドプロミスの策定が必要で、ユーザに伝わり易いく、双方が共有できるブランドプロミスの策定には専門特化型集客ホームページ構築と同様に企業の強みの把握が最初のアクションとなります。

専門特化型集客ホームページ制作についてはこちらをお読み下さい。


強みの把握とブランドプロミス策定

定着したブランドプロミスは企業と顧客相互の信頼関係の中から生まれ、共通認識がブランドとして育ってきたのだと言えますが、初期の段階で顧客にうまく伝えていくには、整った美しい言葉を並び立てるだけではなく、今まで企業がやってきた強みを再検証し、その中で企業理念とビジョンに沿った価値を顧客に約束し、やがては企業、社員、顧客の共通認識になるというものです。また、ブランドプロミスは企業理念とビジョンを明確に伝える位置づけにもあります。


キャッチコピー(キャッチフレーズ)、ロゴマークの作成

ブランドプロミスの策定が終わりましたら、キャッチコピー(キャッチフレーズ)とロゴマークを作成します。

コーポレート・スローガン、キャッチコピー(キャッチフレーズ)

キャッチコピー(キャッチフレーズ)は企業、商品・サービスの印象を大きく左右する要素となります。

分かりやすい例でご説明しますと
武田軍団のコーポレート・スローガンまたはキャッチフレーズと言えるものが「風林火山」
大河ドラマのキャッチフレーズが「生きた!愛した!」
大河ドラマのキャスティングのキャッチフレーズが「本格かつ新鮮」あるいは「重厚かつ新鮮」
諏訪地方観光連盟のキャッチフレーズが「風林火山ロマン息づく信州諏訪」(「風林火山」由布姫ゆかりの地ロマン息づく信州諏訪)
※ 長野県としても昨年「ロゴ」・「キャッチフレーズ」の募集もしておりました。

キャッチコピー(キャッチフレーズ)の中で個別の商品やサービスではなく企業のイメージ・経営方針を印象付けるものいをコーポレート・スローガンと呼びます。
コーポレート・スローガンはブランドプロミスを簡潔に印象付けるものと言えます。

ロゴマーク

ロゴマークは、企業の製品やサービスのシンボルとして様々なシーンで活用され、商品やサービスの視覚的要素を高めブランド化へとつなげる重要な要素です。企業と顧客相互の間に良好な共通認識が育った時には有効なコミュニケーション要素となります。
ただし、目立つロゴマークを作り、販促資材を投入して露出のみ図っても意味をなしません。ロゴマークは顧客とのコミュニケーションの場で使用し続けることに意味があり、普遍性を持つことになります。
意味を持たせやすくするためにコーポレート・スローガンをロゴ周りに配置したり、IT系の企業ですとURLをロゴ周りに配置して使用するケースもございます。

ロゴマークの作成と商標登録については当社が提供しておりますサービス「ロゴマーク作成・商標登録出願サポート」のページをお読み下さい。

キーワードの洗い出し

企業理念・ビジョン、強み、コーポレート・スローガンなどから派生するブランドに関わるキーワードをすべて抜き出して10?20程度に厳選いたします。さらに、それらを顧客に分かりやすい言葉に置き換えます。


項目ごとのキャッチコピー(キャッチフレーズ)作成

上記で洗い出したキーワードを元に各ツールで必要な項目のキャッチコピーを作成いたします。

コーポレートサイトを例に取りますと、企業理念・ビジョン以外でブランドが大きく関係してくるのはトップページ、企業案内、トップメッセージ(社長メッセージ)などです。
これらのキャッチコピーを作成し、キャッチコピーがまとまればリード(簡単な説明)を作成いたします。

ツール作成については当社が提供しておりますサービス「士業マーケティングツール・作成サポート」のページをお読み下さい。


コーポレートサイトと専門特化型集客ホームページの連動

コーポレートサイト構築で重要視する項目
  • すべてのステークスホルダーが迷うことなく目的の情報までたどり付ける情報整理とユーザビリティ性
  • ブランドのイメージに期待感を持たせる高いデザイン性
  • 提供されるサービス内容がユーザに理解しやすい内容で書かれている分かりやすさ
  • お知らせと間違った情報の訂正は自社で行えるCMSを利用した仕組み
コーポレートサイトではFlashなどを使用したデザイン性とユーザビリティとコンテンツの分かり易さ、必要な部分を更新・変更できるCMSの導入に重点を置きますので、テキストを多くした検索エンジン対策に関わる内的要因に重きを置いたサイト作成が難しくなってきます。SEO対策を施した専門特化型集客ホームページからコーポレートサイトにブランドに関連するコンテンツをリンクさせる方法が成功する集客法と言えます。例えば情報提供型の専門サイトで情報提供し最後に当社ホームページはこちらというリンクを付け運営者確認とクロージングはコーポレートサイトで行うという流れです。
また、商品やサービス・サポートに関するお知らせの掲載や間違っている情報・古くなった情報の修正は即時性が求められますのでこの部分だけでも自社で修正できるようCMSを導入します。このことはブランディングに沿った「コーポレートサイト」の役割を考えると非常に重要なことであります。


まとめ

近年になり、大手の企業の担当者であってもWebサイトで委託先を探すケースは確実に増えております。信頼され、打ち合わせのテーブルに上げてもらえるWebプレゼンテーションとブランディングについて真剣に考えなければなりません。コーポレートサイトは企業のネット上の顔です。ブランドの理念体系、サービスの価値、実績、体制についてしっかりと正確に書かれていて、ファーストコンタクトでイメージに期待感を持たせる高いデザイン性を考えなければなりません。これは紹介により稟議に掛けられる場合でも同様です。小手先のアクセスアップのためにこの要素が削られているのであれば再考が必要でしょう。 また、このことについて考えてきますと、実際に会って渡すツールに関しても一貫性が求められることが分かります。自社の強みの把握とブランディングについて考えてみませんか。

  • 弁護士向けコンサルティング専門会社
  • キャンペーン情報
  • 士業HPプラン品質向上
  • 驚きのコストパフォーマンス!

士業事務所のホームページ・マーケティング無料相談受付

全国対応フリーダイヤル(携帯からもどうぞ):0120-122-177(平日10:00〜20:00)

メールでのご相談・ご依頼はこちらから(24時間受付)

只今、通常相談時間30分を60分に拡大してお受けしております。是非ご活用ください。

地方の士業事務所向け無料相談

当社は地方事務所様の案件を多数サポートさせていただいております。

  • 時間を決めてこちらからお電話させていただきます。
  • 大阪・名古屋エリアの場合定期的に出張がございますので、日時を決めてお伺いする事も可能です。

メールでのご相談・ご依頼はこちらから(24時間受付)

面談は守秘義務を厳守し、当社会議室(個室)で行いますのでご安心ください。

士業のホームページ、ロゴマーク・名刺などマーケティングツールを驚きのコストパフォーマンスで提供するポーカー・フェイス

前
バナー作成他ホームページパーツ単体制作料金(費用)
カテゴリートップ
ホームページ制作支援
次
ブランディングパック(ロゴマーク、名刺、封筒、Webサイト)の制作