HOME  > コンテンツ  > ホームページリニューアル  > ホームページリニューアル(CMS化)

CMSでのホームページリニューアル


現状のホームページ(hp、Webサイト)をCMS(コンテンツマネージメントシステム)を用いてリニューアルをする場合のメリットには生産性の向上(経費の節減)、メンテナンス制度の向上、SEO対策などが挙げられます。管理権限も持たせられるのでサイト管理の意味からも非常に有効になります。

>>CMS(コンテンツマネジメントシステム)導入のメリットとホームページ集客はこちらを参照ください。


  1. CMSでのホームページリニューアルの対象の例

  2. ホームページ(hp、Webサイト)をCMS(コンテンツマネージメントシステム)にリニューアルするスケジュール

  3. CMSでホームページリニューアルをする場合のチェックポイント


こちらの情報も参照ください



自分で更新出来るCMSを利用した士業事務所ホームページ運営の現状と展望

CMS(自分で更新)型ホームページ導入のメリット


  • 税制改正などがあった場合に対応(即時対応の配慮)
  • 言い過ぎた、間違った表現に気付いた時にする修正(即時対応の配慮)
  • トピックス(お知らせ)を随時更新出来る(顧客への配慮+ SEO対策の配慮)
  • サイト内にブログを設置したい(顧客への配慮+ SEO対策の配慮)
  • PDFのニュースレター(事務所通信)を随時UPしたい(顧客への配慮+ SEO対策の配慮)
  • サイト内にコラムを設置したい(顧客への配慮+ SEO対策の配慮)
  • 随時相互リンク集を追加(SEO対策の配慮)
  • 夏季休暇・年末年始の休暇などの案内を表示期限を決めてアップしたい(即時対応の配慮)
  • 一時的にページの掲載を取消し、時期を見て再度表示したい(即時対応の配慮+顧客への配慮)
  • ゆくゆくは現状のホームページを携帯やスマートフォンに対応させたい(ホームページ運営全般)

  • よくある質問


  • 弁護士・司法書士などの士業事務所がMovable Type(ムーバブルタイプ)などのCMSでホームページを立ち上げる事にどのような意味がありますか
  • Movable Type(ムーバブルタイプ)などのCMSでホームページを運営した場合、コスト面でのメリットはございますか
  • Movable Type(ムーバブルタイプ)などのCMSを導入した場合のデメリットはないのでしょうか
  • 個人相手の弁護士事務所のホープページなどは困った時に検索エンジンで調べる事が多いので適切にSEO対策が施されていないといけないと思うのですがいかがでしょうか
  • Movable Type(ムーバブルタイプ)などのCMSではサイト内検索を付ける事が用意なようですが、弁護士など士業事務所のホームページに必要でしょうか
  • 弁護士・司法書士など士業のホームページ制作が多いのでしょうか。
  • 士業事務所向けの顧問契約とはどのような内容になりますか
  • 紙の事務所案内、名刺、封筒、地図など印刷物の対応もしていただけますか
  • 士業事務所のホームページはリスティング広告に向いていますか
  • なぜ全国対応できるのでしょうか
  • CMSの導入のメリットに情報提供を士業事務所がおこなうという点があるようですが、自分で変更出来る部分と変更出来ない部分についてお教え下さい。
    • 弁護士向けコンサルティング専門会社
    • キャンペーン情報
    • 士業HPプラン品質向上
    • 驚きのコストパフォーマンス!

    士業事務所のホームページ・マーケティング無料相談受付

    全国対応フリーダイヤル(携帯からもどうぞ):0120-122-177(平日10:00〜20:00)

    メールでのご相談・ご依頼はこちらから(24時間受付)

    只今、通常相談時間30分を60分に拡大してお受けしております。是非ご活用ください。

    地方の士業事務所向け無料相談

    当社は地方事務所様の案件を多数サポートさせていただいております。

    • 時間を決めてこちらからお電話させていただきます。
    • 大阪・名古屋エリアの場合定期的に出張がございますので、日時を決めてお伺いする事も可能です。

    メールでのご相談・ご依頼はこちらから(24時間受付)

    面談は守秘義務を厳守し、当社会議室(個室)で行いますのでご安心ください。

    士業のホームページ、ロゴマーク・名刺などマーケティングツールを驚きのコストパフォーマンスで提供するポーカー・フェイス

    カテゴリートップ
    ホームページリニューアル
    次
    CMSでのホームページリニューアルの対象の例